固定炭素

かなり前にテレビで 備長炭をつくるドキュメントを見たことがある 木材を蒸し焼きにして 焼窯から出すと 高温で赤々とした木材が現れる その形は元の木材と同じで 外に出すと冷えて黒々とした木炭になる 外観は木材がそのまま黒くなったみたいに全形が保たれている という事は木材の大部分が炭素でできていることを示している

樹木と言うのは多量の炭素を取り入れて樹木中にとらえて空気中には出さない つまり炭素のタンクのようなものだ この炭素は空気中にCO2となって飛び回り温暖化を引き起こす炭素とは違うのである このような炭素を固定炭素という事にする 

石炭はご存知の様に昔の大木が地中に埋まり炭素だけが残った固定炭素である 固定炭素で他にも大規模なものは 炭酸カルシウム(CaCO3)となり固定されているサンゴや貝などである つまり 樹木やサンゴなどが増えると炭素を固定することになるわけですサンゴや貝は海水に溶けている二酸化炭素を原料としているので サンゴが増えると海水中の二酸化炭素がそれだけ減るので その分を空気から新しく二酸化炭素を取り入れることになるので 空気中の二酸化炭素を減らす効果があると考えられる しかし二酸化炭素を溶かす水の能力は海水の温度が上がると小さくなる 

このように地中の温暖化は 陸では山火事の数や規模の大きさにより 固定炭素を開放して大気中に出してしまい 海ではサンゴなどの死滅を招く 例えばオーストラリアにあるグレートバリアリーフというサンゴの群落は世界一だといわれているが 最近サンゴの白化と言う現象が起こり死滅しているという これは海水温が上昇するとサンゴと共生している生物が逃げ出すため白いサンゴになってしまう現象であるが 固定炭素の生産活動の妨げになったしまう

人間がSDG(持続可能な開発)など努力しても もう温暖化は始まっていて もし人間が何もしなくても 自然現象だけで二酸化炭素がだんだん増大に向っている だから提唱されているSDGは大変な厳しい事業であることがわかる

だからSDGsというのは 単にCO2を出さないようにするより さらに積極的に減らす技術が必要になると思うのだが

 

 

コロナ禍

東京のコロナ感染者が100人を切るなど急激に減ってきた 専門家もあれこれと意見を述べている その急激な現象は説明がつかなく いろいろな仮説が現れた その中である専門家が

コロナウィルスが α β γ δ と変化していくうち 変化しすぎてカタストロフィが起こり自壊してしまった これはありえるかもそれないと思いました つまり次はε(イプシロン)株になるはずだがこれが変化の一線を越えてしまった

これは古代の海で世界の海で大繁栄をしていたアンモナイトという古生物がある タコやイカの仲間で いわば殻をもっているイカ 又はタコと思えばよい これが突然絶滅してしまう どうしてなのか 昔の参考書には原型はキレイな渦巻き型の殻なのであるが 時代が経ってその殻が変則なものが出てきた 渦巻き型にならないで渦巻きがぐにゃぐにゃしていたり

三角帽子のような直線的なものまで現れた つまり進化の過程でおかしなものが現れてこれが生きる適正を欠き 絶滅に向った

自壊説はもし本当なら大変うれしい話だ 敵のオウンゴールで勝ったようなものである しかし この現象が起こっているのは日本だけらしく 世界的でないので納得するには不十分である

P.S. ここまで書いてきて アンモナイトが本当に遺伝子などの変化を繰り返しているうち自壊により絶滅したという説は昔の本から得た知識なので 確かめるためにスマホで調べてみると アンモナイトの絶滅は恐竜の絶滅と同様に地球に小惑星が衝突して 地球の気候の大変動が起こり アンモナイトは恐竜など数多くの生物と共に絶滅したとあった スマホは最新の情報を出しているので どうもこれが定説になっているようである となるとアンモナイトをコロナの比喩に使ったことは間違いで 本文を引っ込めようとしたが 間違いは間違いとして そのまま載せることにしました ごめんなさい

弁当

f:id:kutuzawa:20211002155217j:plain

この日のメインのおかずは鶏の味噌煮でした

介護を受けていない前は 自宅や外食たまには 麻婆豆腐の素 などを買ってきて自作の料理なども食べていたが 介護を受ける様になってからはもっぱら宅配弁当に頼っている 朝昼はどうしているかと言うとコンビニの調理パンやおにぎりになってしまう つまり自分で食事を作ることはまずなくなった

さて宅配弁当であるが弁当屋さんが高齢者に食べやすく総合的に栄養価のバランスを考えたもので 色々なおかずが小さな仕切りにつめてある このパターンはいつもかわらない いわばミニ松花堂弁当というか ミニ幕の内弁当と言うか? 

これを忠実に食べていれば 炭水化物 タンパク質 脂肪 ミネラル ビタミンなどが理想的に取れるらしい大変ありがたい食事なのだ だが贅沢を言えばおかずは毎日変わるが パターンがミニ幕の内で変わらない 私はデーケアにも行っているが デーケアで出されるお昼の弁当も この総花的なパターンである  たまには一品料理 をいただきたいと思う

それで ありがたいことにはセブンイレブンで 焼しゃけ とか 焼ホッケ マーボ豆腐 などの惣菜を売っている これは便利なもので 電子レンジで温めるだけで結構美味しい これを買って おさかな定食などにしてたべて 残った弁当のおかずは朝食にまわすなどにしています 

 

ムクゲ

f:id:kutuzawa:20210908094355j:plain

白いムクゲ 赤いムクゲはこの下に咲いていました

いま 私の介護所になっている小部屋は緑道公園沿いである 日課としてその緑道公園を抜けて 梅ヶ丘通という自動車が頻繁にとおる公道にでる 梅ヶ丘通は大動脈環7と交差している いつもゆくセブンイレブンは梅ヶ丘通の対岸にあるので そこの横断道路を通過しなければならない 青信号でも余裕がなさそうな時は急ぎ足で渡らなければならないので 自信がないときは次の青信号をまつことになる

横断歩道のすぐそばの歩道にかなり目立つ花が長い間咲いていた もう一か月も咲き続けている 排気ガスにまともにさらされても美しく咲いていた すごくたくましい花だなと思う 前に花シリーズでブログを書いたことがあり この花も書いたことがあるようなきがするが思い出せない 調べると似た花にフヨウ タチアオイ ムクゲがあることが分かった 一番似ているのがムクゲであった 

ある日ここを通ると たくさん咲いている真ん中の部分が赤く周囲が白い花に交じって 周囲の白いところがピンクの花が一輪咲いていた なんで一輪だけ色が違うのだろう 珍しいので翌日カメラにおさめようとしたが 行ってみるとその花はもうしぼんでいた ムクゲは一日花だったのだ 一日花とは朝咲いて夕方にはもうしぼんでしまう花の事である

だから発見と共にすぐ撮影してないとだめなのだ  それにしても毎日新しい花を咲かせるムクゲは何というエネルギーの持ち主なのだろう たった一輪だけが皆と違う花なのはなぜなのだろう DNAが情報を出している中でたまたまミスしたのか 白いムクゲを咲かせなさいと言う情報のうちこの花だけ白いという情報が伝わらず本来の色が出てしまったのか だとすると白いムクゲはあとからつくられたものかもしれない(個人の感想です)

仕方がないので咲いている白いムクゲを撮影しました 今見るとその白い花の咲いているムクゲも歩道にある手すりと同じ様な高さに選定されてしまっていた 少し残念

二刀流

白黒映画の時代 野球小僧 という映画があった その頃絶大な人気の灰田勝彦が主演でその主題歌も彼が唄っていた その歌詞の一節に 

♪野球小僧は腕自慢 すごいバッターで ピッチャーで♪

と言うところがあった あのころはまだ街中にかなりの空き地があり 草野球はよく少年たちがよく遊んでいた この草野球のスターと言うのが バッターをやらせてもピッチャーをやらせてもずば抜けている少年であった つまり草野球では二刀流が当たり前であった ところがプロ野球と言うと ピッチャーは打撃が下手であたりまえ ピッチャーは専門の選手であった

草野球の場合 運動神経が他より優れた子がいれば投げても打っても一応こなすので二刀流になることが多い

プロの場合 打撃と投球では使う筋肉が違うので ピッチャーは投げることに専心して練習を重ねテクニックを磨き 打者は打つことに専心する 近頃は先発投手 中継ぎ クローザーなどに分かれているくらいである この方が能率が良いからである

ところが大谷翔平と言う選手が現れた 投げて良し 打って良し の二刀流をやった見せた 最初は野球のコメンテータもプロ野球は 高校野球と違うのだから 大谷選手も投手で行くか打者で行くか決めた方が良い 二刀流などとお言いていると あぶはち取らずとか二兎を追うものとかと言われてる通り 成功しないだろうなどの意見がかなり多かった

野球の専門家の意見に反して大谷は大リーグでも二刀流が通じることを実証して見せた これはなぜなのだろう

草野球の理論を平行移動させてプロ野球に移動したとする そこには レベルの違う運動神経の選手がいた その選手は投げても打っても周囲とは違っていた つまり大谷選手は日本が生んだ大天才だったのだ 投げて良し 打って良し 走ってもよし というのは大谷選手の天与の能力で 努力すれば獲得できるという事をはるかにこえている このような大天才を大事にしたいものである

*1

*1:ここに脚注を書きます

菅さん2

菅さんの出身地秋田の県民は大変残念だ 真面目で一生懸命に仕事をなさっていた しかし 口下手なところがあり 国民に理解されない所があった

このことをもう少し掘り下げたいと思う

菅さんと言うと スマホの通信料が高いじゃないか安くしなさいと言ったり デジタル庁をつくったりした いろいろな毀誉褒貶の中でオリンピックとパラリンピックが開かれ 始まってみるとメダルラッシュもあって国民もやはりやってよかったという意見が多くなった これだけなら菅さんの人気も連動して上がるはずだが同時に東京のコロナの一日の罹患者が5000人を超えて感染爆発を思わせるようになり オリ パラ の効果を打ち消した それが如実に出たのが横浜の市長選だ 自民党の候補は菅さんが熱心に支持を訴えたのに大敗を喫した

なぜこうなったのかスマホを見ると色々な専門家やコメンテーターが述べているが 印象に残ったものを上げるとすると 菅さんと言うと 熱心で真面目仕事もできるが 今一 人気がなかったのは政治家にほしいカリスマ性のようなものが欠けていた 全体的に見て花がなかった 菅さんを嫌いだという人はあまり多くないのではないか といって特別に好きという人も少ないないようなきがする 政治家はタレントではないのでそのようなものは必要でないのかもしれないが 熱心に仕事をしてもなかなか国民に伝わらないという事があるという事だと思う

 

菅さん

2,3か月まえのことである 菅首相アメリカのニューズウィークの表紙を飾った ニューズウィークは時の話題の人を表紙に載せるそうで この時は菅さんの世界的な評判も良かったのだろう 

終戦後間もなくはアメリカの雑誌 ニューズウィーク タイム ライフ リーダーズダイジェストが流行して 敗戦の反動で 何でもアメリカのものは良い物と思えて 私などもリーダーズダイジェストの日本語版を買って読んでいた 何か日本の総合雑誌と変わった編集でなるほど先進国は記事の取り上げ方も優れているように思えた

ところが 私が健在のころ本屋に行っても アメリカの雑誌が並んでいることは見かけなくなってきた これは私の関心がうすくなったのではなく 雑誌 新聞など紙の印刷物がスマホなどのIT機械の報道に負けてきたためと アメリカが前ほどお手本に思えなくなったためだと思う

さて 菅さんの表紙のある雑誌を手に入れようと その記者は雑誌スタンドを見て回ったが見当たらず ニューズウィークなど報道雑誌の退潮を知らされたという そういえばライフなどはかなり前に廃刊になっていた 他の雑誌も遠からずそうなることが考えられる 菅さんがそのように退潮を続ける雑誌に載ったとて それほど嬉しくもないだろう 案の定 気の毒にも菅さんは首相を止めることになってしまった 後知恵で言えば ニューズウィークの写真は 菅さんご苦労さんでしたと言うエレジーのようなものだったのかなあと思える