教科書1

昔の漫画に5000年後の歴史の教科書と言って 未来の高校生らしい生徒がそれこそ広辞苑の2倍もある様な厚さの歴史の教科書を読んでいるのがあった つまり今のピッチのまま歴史を書き続ければ歴史の教科書はだんだん厚くなってしまう 漫画としては面白い発想であるが これでは歴史の授業だけで精一杯と言うことになり その他の学科を習うのが不可能になってしまう それで未来は日本が5000年後も存在していたとして 現在の日本史の教科書が300頁あるとして  この部分を多くても1/3,1/4ぐらいにまとめることが必要だろう 大化の改新明治維新は10,20行の記述になるかもしれない

ところで 私の習った文学の教科書は国語と漢文に分かれていた 国語は現代文と古文に 漢文は独立した分野で上級生になる現代漢文があったと思う 頼山陽など日本人の書いた漢文もたくさん出てきたが 中国の十八史略 論語で 子のたまわく と言うと時代劇の寺子屋を思い出す 現代漢文とは今使われている中国語のことでこれを レ点などを付けて読むわけです 

現代文は徳富蘇峰国粋主義的な文から 徳富蘆花の自然と人生など 高山樗牛の美文 上田万年 芳賀矢一 の文 石川啄木の和歌 明治天皇の御製 北村透谷の文は難解で教えている先生が俺にもわからんと言っていたのを思い出す

数学の教科書は代数と幾何に分かれていた 代数は 因数分解 連立方手式 2次方手式 級数はあったが 今教えられている行列式はなく微分積分などは大学で習うものであった 幾何の授業は代数と同じぐらい時間を当てられていた 三角形の5心(重心 垂心 内心 外心 傍心)などの証明を思い出す 私は式の展開は間違ってばかりしていて苦手で 幾何の方が考え物的で好きであった 式の展開では数学の本名Nあだ名K先生を思い出す 式の展開や計算が見事に速いのだ 私は恐れ入って見ていた

数学者で文筆家の藤原正彦の本を古畑病院で読んだが 氏は数学の教育は時代とともにだんだん高度なものになってきていると言う 私も実感として微分積分やベクトルの計算が高校で教えられている事は 今の高校生は大変だなと思う

天文や地質などを総合した地学と言うものはなく 博物と言う学科に鉱物や岩石の分類学があった 

生物学はDNA発見の前であるから二重らせんはもちろん メンデルの法則もなかった 代わりに梅や桜はバラ科 松や杉は松柏類と言った牧野富太郎の植物分類学が主であった

 

不思議な蚊

戦前は日本の夏というと蚊がたくさんいて蚊取り線香や蚊帳は必需品であった 戦後 占領軍は蚊や蠅の多さに驚いて殺虫剤DDTやBHCを導入した それから徐々に蚊は減ってきたと思う しかし 今でも虫よけスプレーなどが売れていることを見れば蠅ほどは減っていない 特に私が今住んでいる介護所は緑道公園に面しているので木や草がたくさんあり蚊の住処となっているので蚊は依然として多い 網戸で蚊の侵入を防いでいるのだが 出入りの時は出口の戸を開けるので 待ち構えているのだろう 蚊が入ってくる しばらくすると手首などがかゆいので蚊に食われていることが分かる 背中がかゆくなることがある 蚊がシャツを通して吸血したことになる 

ある日 手の甲や掌がかゆい やはり2箇所が食われていていた 早速 かゆみ止めをぬる かゆみ止めは即刻効くものではないがしばらくするとかゆみが緩和される その時である 目の前を蚊のような虫が目の前を飛ぶ姿を見た 両手でパチンとやってみたが空振りであった さらばと蚊の去って行った方向にキンチョールを何回か吹き付けた そしてしばらくして忘れかけていた時パソコンラックの上に蚊の死骸がみ見つかった 死骸は拾ってつぶしてみた 私の予想では血を吸っているのだからその血が見られると思っていた ところが血は見られなかった 不思議だ 吸血した蚊と落ちていた蚊とは別ものなのか もう一つの解釈は 蚊は吸血するとき血をそのまま吸うのではなく先ず蚊の唾液を注射して唾液を混ぜることにより薄くなった血を吸う この唾液がアレルゲンとなりかゆさを引き起こすことを本で読んだような気がする 2か所食われている 蚊ははじめ針を刺して唾液を注入したが私が動いたので飛び去り 諦めきれない蚊は別のところを刺してみる 唾液を注入したところでまた私が動いたことで飛び去り吸血に至らなかった

なんだか 蚊をめぐってコロンボ気取りの推理をしてみたのだが実際はどうなのだろう しかし こう筋立てると 食われてかゆいのと 血を吸っていない蚊との説明は着く

有明の月

f:id:kutuzawa:20200509044240j:plain

老健はベランダに出られないようになっているので扉のガラス越しに見えていた残月

老健にいた5月2日 朝5時ごろ目が覚めてカーテンを開けると 空に少し低く残月がかかっていた 右が少し欠けたいびつな月 満月を過ぎた16日か17日の月だろう

江戸時代 暦は陰暦で月の満ち欠けで暦ができていたので 3日には三日月が 15日には十五夜お月さん 13日には十三夜の月が空に出ることになっていた 今は太陽暦であるから2日なのに16日らしい月が出ていて 日付とお月さまとの関係はなくなっている

満月は夕方東からのぼり朝方西の空に沈む 16日の月は満月より少し遅く出るので朝方まだ沈みきれないで空に残っていて これが観測されたというわけである

16日の月は古くは十六夜(いざよい)と特別に呼ばれていた 旧制中学時代に国語の正読本の他に古文の教科書があった

その中に阿仏尼の 十六夜日記があった 家の相続権を争って 鎌倉幕府に訴えを起こすため京都から鎌倉までの旅を続ける途中の紀行文である 残念なことに阿仏尼は目的を果たす前に病のために倒れてしまう 後目相続をめぐっての争いは昔も今もあり 特に時代劇では御家騒動がテーマになっていつものが多い 大河ドラマ麒麟が来るでは 斎藤道三の子高政が後目をめぐり 弟たちを殺害 金正恩の兄 金長男が空港で殺されたことは記憶に新しい

お月様いくつ 十三七つ まだ年しゃ若いな という わらべ歌のフレーズがあるがどうして十三七つなのかズウーット分からなかった 調べてみると十三夜の七つ時 七つ時とは今の時間で言うと午後の4時ごろでまだ出たての若い月と言うことになる

三橋美智也が唄う女船頭唄に ♪  利根で育って 十三七つ 月よ お前と同じ年  ♪ と言う一節がある 言うまでもなく20歳という事である

【 西空に 静かに消える 残月が 】

PC 月は微妙にいびつなのが肉眼でわかるのですが 写真では周囲が少し もやっているせいもあり まん丸く見えてしまいました

 

富士山

f:id:kutuzawa:20200507094550j:plain

窓ガラス越しに見えている富士山

老健での思い出です 令和2年5月7日(木)の朝はよく晴れていた 朝見回りに来たナースさんが今日は富士山がよく見えていますよと知らせてくれた 病室のガラス戸はほぼ南向きである この方向ですと指示してくれたのでガラス越しに首をひねって右手をみると感激 真っ白に冠雪した富士山が見えた 想像していたよりかなり大きい 東京で観察できた富士山では最も大きく感じた これは富士山の一般的なイメージとして頂上部が冠雪しているものをイメージしていたものが 全体的に冠雪していたのでそう感じたのかもしれない

かつて 英語のN先生のマンションを訪れたことがあった 先生のマンションは雪が谷大塚にあり西向きに面していたのであろう部屋のガラス戸から天気の良い日は富士山が真正面に見えていた

小学生の時目黒に住んでいたが高台にあり 小学校は下にあるので急な坂を降りなければならなかった 坂の上からは富士山が見えていた この坂の下りはよいのだが帰りには急な坂を上らなくてはならならない 気管支に過大の負担をかけるので喘息を起こすので嫌いであった この坂の上の富士山もN先生のところの富士山も遠く小さく見えた

この日のヤフーのデジタルニュースだったか この日の富士山をデズニーランドの上空からヘリコプターで撮影したものが載っていた より鮮やかにより大きく写っていたが 病院からみた富士山とそれほどの違いはなかった

都内に富士見台とか富士見坂とかの地名がたくさん残っている 高層建築のない江戸時代 少し高台に登ればどこからでも富士山が見えたことだろう 北斎の版画を見るまでもなく 民衆にこよなく愛された富士山と言う存在が分かる 富士山は登るより見て楽しむものだと誰かが言ったが私もそう思っている

富士山の思い出というと 現職の時 男子教員はまだ少数派であった 少数派であることは男子教員だけの旅行会や慰安会などまとまりがよく 誘われて参加していた 何時だったか富士五湖周辺を訪れたことがあった 富士山は大変美しく そのころの500円札は表が岩倉具視 裏に富士山の絵があり 富士山を眺めていると本当に絵とそっくりであった なるほどお札の絵として選ばれた理由が分かった 富士山は不思議な山である その美しい姿を見ていると なんとなく感動して日本よ がんばれという気が起こる

数学パズルと数学

入院中のことである 姪が長い病院生活は退屈だろうと ニュートン社発行の 数学パズル の本をもってきてくれた かなり難しくて答えを見ないと分からないものが多かった 分類すると色々なパターンがあるのが分かったが その中に不完全連立方程式の形式をとるものがあった 例えば (これは私が説明のため超簡単な問題をつくったのですが)

500円 100円 10円 5円 1円 の硬貨がある 枚数は全部で.10枚

全部の金額は1318円であるそれぞれ何枚ずつあるのか?

連立方程式をつくってみよう

500円の枚数をa枚  100円をb枚 10円をc枚 5円をd枚 1円をe枚 とする すると

a + b + c + d + e=10 

500a+100b+10c+5d+e=1318

連立方手式を解くには変数が5つあるときは5個の式がないと解けない これは不完全な5元連立方程式である

これを硬貨と言う特殊な条件から解いてゆく

金額を 1000円 + 300円 + 10円 + 8円 と分けて考えると簡単で

500円が2枚 100円が3枚 10円が1枚 5円が1枚 1円が3枚 と答えがでてしまった 

全部で10枚という条件も満たしている (この条件がないと 例えば310円のところは100円が2枚 10円が11枚でもよくなる)

似たような感じの鶴亀算がある

鶴と亀の頭の数の和は7 足の和は全部で20 鶴の数 と 亀の数を答えよ

鶴の数をx 亀の数をy とすると 鶴の足は2本 亀は4本だから

x + y = 7 ……….. ①

2x + 4y =20  ………②

変数が2個 式が2個あり 不完全ではなく完全な連立方程式である

 ①を2倍

2x + 2y = 14…….③

②― ③ 

2y=6 ∴ y=3 ①に代入して x=4 つまり鶴は4羽 亀は3匹でした

このように数学的な計算だけで解けるものはパズルでなくて数学である

pc 

鶴亀算は昔からある算数(昔は算術)の問題でもちろん代数を使わなくても解くことができます

アウフヘーベン3

パックスロマーナという言葉がある ローマ帝国が長い間続きその期間平和であった つまりローマ帝国が支配者となり 良い政治を長い間行ったために文化が栄え人々は平和を享受できた アメリカがソ連崩壊で 世界で一強になった時 アメリカの支配で平和を維持する パックスアメリカーナを考えたと思う 世界のどこかで争いや戦争が起こると世界警察の役目をして軍隊を送り鎮めたりした これがアメリカの正論(テーゼ)だったと思う ところが トランプ大統領が出てきて反論(アンチテーゼ)を出してきた 世界警察を守るためにアメリカ国民の税金を使うことは やめようではないか 他利的なことはやめて自国第一主義で行こう

アメリカの世論調査によると民主党のバイデン氏がリードしているという しかしトランプ氏が追い上げてその差は僅かになったという 11月の大統領選挙でバイデン氏が勝ったとしても前のオバマ大統領の政治には当然戻れない オバマ トランプの政治をアウフヘーベンしたものでなければならないと言えそうである

 ついでに パックスアメリカーナを難しくしているのはアメリカの国力の低下もあるが中国の存在だと思う 最近の中国の動向を見ていると 一帯一路など 中国に有利な経済的な陸の道と海の道をつくり 将来世界経済の覇者を目指しているのかと疑いたくなる 中国は昔のシルクロードの再現と言っているが野望が見えつ 隠れつ している 軍事面でも年々強大化している コロナが中国発でつまずいてはいるが それを逆手にとり世界で一番速く収束した国と示威している 通信面でも将来GAFAを抜くかもしれない勢いである 嘗て日本が大東亜共栄圏と言ってアジアの覇権を やがてはパックスジャポニカを夢想していた ことと重なる

ここ様な覇権主義は世界から嫌われて つい最近のことチェコの重鎮が台湾を訪れた 中国の行動を快く思っていない国があることを示している

将来 パックスチャイナでも世界を安定に導き平和にしてくれるならかまわないと思うが 果たしてどうなるのであろう

PSパックスというのはローマ神話に出てくる平和の女神のことだそうです

 

アウフヘーベン2

昭和という国家で 司馬遼太郎氏はアウフヘーベンをどのように使っているかというと 一番目は 福沢諭吉の 脱亜入欧 という言葉の弁護である 戦後 世間では福沢先生は偉大な方だが 脱亜入欧 は受け入れられないと評判を落とした 脱亜入欧は字の通りアジアから抜け出してヨーロッパの様にしましょう ということである これがあるためかつての日本人に中には*野郎自大 と言うかヨーロッパ人を尊敬しているが他のアジア人や文化を軽んじている傾向があった

昭和をまともに通過した私も日本にそのような風潮があったことを認めざるを得ない

福沢諭吉は上海を訪れたとき ヨーロッパ人が威張っていて 苦力(クーリー)となって働いている中国人をステッキで打っているのを目の当たりにした この個人的な経験から このままでは やがて日本もこうなるのではないかとアウフヘーベンした

つまり個人的な体験を 次元を挙げて公的な考えにするという事にアウフヘーベンを使っているらしい

もう一つは 太平洋戦争で 初戦の時 パールハーバーアメリカの艦隊に大打撃を与え マレー沖海戦で 英国艦隊の主力 プリンスオブウェールズ レパルスを 日本の航空機により撃沈させたとき 一部のインテリ層がこれは今までの欧米に適わないと持った考えを変えなければならない これは近代の超克だ 今までの考えを否定して乗り越えろ アウフヘーベンである

司馬遼太郎氏のアウフヘーベンは 何か事態が起こった時に一段と次元を挙げたり広げたりして論じることのように用いていると思われる

前にお話した小池さんの築地と豊洲の問題は両方の折衷案のようなもので本当のアウフヘーベンとは言いにくいとしたコメントした人もいます

 

*野郎自大とは 中国の故事で 野郎というまことに小さな国の人が世界を知らず 自分が一番偉いなどと考えていたことから

 

PS 昭和という国家という本はNHK出版から出ている本で 昭和初年から敗戦の昭和20年までを なんでこんな無謀の戦争につき進んでしまったのかと 嘆きと分析が主題になっています 

私の経験では 昭和初年から12年ぐらいまでは軍国主義には違いなかったが 流行歌に「忘れちゃいやよ」などがありそれほど悪い時代とは思わなかった 日支事変が起こってからが 流行歌なども軍歌一色になり だんだんひどくなったと思っています